*

就活情報はどこからゲットする? 情報源は無数!

今やこれほどの情報社会ですから、「就活も情報に始まり情報に終わる」と言っても過言ではありません。貪欲に情報を集めて、あなたの就職活動にどう活かすのかで、もしかしたらあなたのこれからの人生が決まってしまうかも知れません。

それほど、情報は重要です。ですが情報のソースは様々で複数あり、偏らないバランスのとれた収集活動が賢いやり方であろうと思います。では、どんな情報ソースがあるのか、そしてどのようにしてそれらをゲットするのかを、簡単に覗いてみましょう。

インターネット上の情報ゲット

〇就活情報サイトに登録する

リクナビやマイナビなど、大手の就活企業が運営する情報サイトに利用の登録をして情報をゲットする。(これらは、毎年、大学3年の6月にオープンするので、遅れないようにしよう)、エントリーする場合は、事前にエントリーシートの書き方を戦略的に研究しておくことが必要です。

〇検索エンジンで情報検索

・気になる企業のホームページを調べる。そこでは、採用情報も得られます。
・業界の動向を調べることもできる。「〇〇業界 動向」などのキーワード検索で、ヒットする情報はたくさんある。「〇〇協会」などの名称で業界のWebサイトも多く存在する。

・就活のSNSを活用する。ツイッターやフェイスブック上にも就活情報はある。この場合には、就活生の生の声(情報)が聴ける点ではイイが、参加して情報を出す(発信)場合は気を付けることも必要。企業側も見ていることを想定しておくこと。

大学の活用

〇(大学の)キャリアセンターをフル活用

・当然、大学は就活支援にも力を入れている。卒業生の就職の実績は、大学の評価にも繋がるものだからである。そこで得られる情報はたくさんある。

・企業からの求人票、卒業生の就職先情報(OB・OG名簿など)、会社説明会などの情報がたくさんある。就職情報サイトに載っていない求人企業もある。

・学生の相談に乗ってくれる心強さがある。学生は、高額の授業料を払っているのだから、それ以上の見返りを期待して相談しまくるのも、当然許される。

・インターンシップの情報が手に入る。OB・OG訪問の相談ができる。
・就職情報誌の閲覧ができる

〇大学(キャリアセンター)主催の催しへの参加

・ガイダンス、各種講座、セミナー、企業説明会などに積極的に参加する。大学からの情報掲示板などは、見逃さないようにしよう。

書籍・新聞などの情報

・東洋経済新報社の書籍「就職四季報」などの活用で、企業の情報を大幅にゲットできる。
・日本経済新聞購読で得られる情報で、経済界の動きや企業・経済等に関する一般常識が得られる。
・自分の興味ある業界についての情報が得られる。
・自分の強み、弱みなどを知る手立て(自己分析)などについての書籍を読んでみる。
・エントリーシートの書き方、志望動機の書き方、などハウツー本を活用する。

※その他、友達からの口コミ情報や、ゼミの先輩からの情報など、使えるものは何でも使おうの精神で就活にチャレンジしてほしいと思うのです。ある意味で情報は命です。情報に振り回されることは避けたいですが、有益な情報は大いに活用しましょう。幸運を祈ります。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 
スポンサーリンク

関連記事

転職、U・Iターンの魅力はどんなこと

「転職」と「U・Iターン」どちらが先にありき? Uターンによる転職の場合には、仕事の内容や条件

記事を読む

公的機関に転職が決まりました。就活してよかった!

転職を決めたきっかけ 30代、主婦です。以前は結婚前に勤めていた金融機関にパートとして雇用

記事を読む

就活のスタートは、大学入学のその日から

大学一年のはじまりは同時に就活のはじまり! あなたは、高校時代にはそれこそ受験勉強に追われ、趣

記事を読む

就活の悩みと不安、そしてあなたがやるべきこと!

もしもあなたにどうしてもやりたいことがあり、その専門学校に行ってその道を目指すということであれば

記事を読む

「就活失敗=人生終わりました」って本当でしょうか?

「就活に失敗しました。人生終わりって本当でしょうか?」 これは、あるサイトに寄せられた

記事を読む

3月1日は就活解禁

3月1日、いよいよ新卒の就活が解禁となりましたね。大学周辺には黒いリクルートスーツの就活スタ

記事を読む

私の「面接」体験

最近、私は自分の住む町で市役所が募集している「嘱託職員」募集のある職種に応募してみました。そ

記事を読む

労働条件通知書は、どのタイミングでもらうべきか?

前書き 就活においては、一次審査の試験後に 「面接」→「内定」→「内定受諾」→「契約書・身元

記事を読む

内定をつかむ最強の自己PR小ネタ集

全体的に日本人は自己PRは苦手のようです。たまに自分の自慢話ばかりを聞かせたがる人もいて、聞かさ

記事を読む

就活は3月がスタートではない。もっと早く動き出そう

  Yasuさん 20代前半男性 山梨 就活の軸を決めよう 一つ目は就活の軸を決めることです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」              

「この20余年の間、平均年収上昇が低迷しているのは日本だけ??」って本当か?

今の時代、年収が上がらないのは当たり前?? 私たちは、「こんな時

「内定ブルー」をぶっ飛ばせ!就活者の悩みは尽きない!

内定ブルーとは 現在、売り手市場の社会状況の中で、これまでは、内

就活のスタートは、大学入学のその日から

大学一年のはじまりは同時に就活のはじまり! あなたは、高校時代に

改正出入国管理法成立で、街に外国人労働者が溢れ、その煽りで貴方が職場からお払い箱になる日?!

この国では、相も変わらず欠陥だらけの法案をゴリゴリと国民に押し付け

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑