*

労働条件通知書は、どのタイミングでもらうべきか?

前書き

就活においては、一次審査の試験後に

面接」→「内定」→「内定受諾」→「契約書・身元保証書記入提出」→「採用決定」
このような流れでことが進むような場合が通常のパターンかと思います。もちろん面接がその方法を変えながら複数回行われることも多いです。「個人面接→集団面接」、「集団面接→個人面接」などのパターンがあります。

しかし、内定を受諾する際に、はっきりさせておきたいのが「労働条件」です。面接時に詳しい説明があれば、少しは心配も薄れると思いますが、口頭での説明ですから、完全に記憶するのも難しく、疑問点など曖昧でモヤモヤする部分が残ることも多いでしょう。そこで、労働条件通知書というものが欲しいと思うのは必然です。

一次面接、二次面接というように複数回の面接でもあれば、詳しい説明を聞くチャンスもあると思いますが、1回のみの面接で、しかも大した労働条件に関する説明がなかった場合は、やはりどこかのタイミングで問い合わせをする必要も感じられます。では、それをもらうベストなタイミングとはどんな時なのでしょうか?

 【目次】

 1.前書き
 2.労働者は労働条件が命
 3.その他の理由として
 4.まともな会社なら
 5 上手い方法とは?


労働者は労働条件が命

かつて、「女優は歯がいのち」という言葉がありましたが、労働者にとっては「労働条件はいのち」なのですから、おざなりには出来ません。しかも、求人広告の内容と、実際の労働条件が違うことがよくある話と聞くにつけ、ますます心配になるものです。

アドバイスをする人によっては、労働条件通知書は、採用時に貰うもので、事前の要求は心証を悪くするので止めた方がいいというものもあります。ですが、私にはそうは思えません。

その理由として、第一に求人広告で示される労働条件に関すること(給与や労働時間など)は、労基法に示された「労働条件の明示義務」の範疇外で、採用時の明示内容と違っていても、法に触れないということがあります。

そのほかの理由として

◆内定を受諾するか否かの判断材料として、最も大きいのが「労働条件」だと思うからです。
◆さらには、複数の内定をゲットできた場合は、その中から1つを選択する判断材料となるものも、労働条件は大きな要素となるもので、給与、昇給についてや労働時間など、捨て置けない問題ばかりです。
◆労働日数、休暇日数、有給の消化具合、産休・育休等の福利厚生関係の完備についても知りたいことです。
◆どのみち、企業は採用にあたっては、労基法に準じて労働条件の明示義務があるものです。ならば、そうもったいぶることなく、要請に応じて労働条件通知書をいつでも発行できるような準備をしておくべきでしょう。

労働条件の想定や決定の準備もなく、安易に内定を出すんじゃないよというという話です。

転職サイト情報・エージェント情報

まともな会社なら

面接時の話と、雇用契約の内容、労働条件通知書の内容、会社の就業規定に整合性が無ければなりません。ですから、その時の思いつきで採用者の労働条件を自由に決めるわけにはいかないはずですから、「労働条件通知書の提示」をもとめられて対応できないような会社は、もともとまともな会社ではなさそうです。


とくに、条件として給与の一部にあらかじめ「〇〇時間分の残業代」が含まれているような場合には、詳しい内容を確認しておく必要があります。

採用前の条件と、採用後の実際の労働条件に大きな違いがある場合には、即契約の解除ができるという、労基法の規定もあります。ですから、そのような無用のトラブルを避けることができるという意味でも、内定の早い段階で労働条件通知書を提示してもらうことは労使間のどちらにも利益となる有効な手段でありましょう。

かと言って、この国では初めからお金(給与)の話を応募者側から持ち出すのは何となくはばかられる雰囲気の場合が多くあると聞きますし、実際、面接官の心証を悪くするということもあるやに聞きます。労基法的には、雇用条件は明示しなければならないものとの規定があるにもかかわらずですが。

もっとも、中小であってもまともな会社は最初から労働条件通知書を提示してくれるところもあります。この条件で来てくれるものなら是非来て欲しいという会社の誠意が見て取れます。条件で折り合えないのであれば、致し方ないとして諦めるというもの。採用に無駄な時間をかけたくない場合、最初から条件を提示する方が話が早いという考えのようです。一理あります。

上手い方法とは?

まあ、とは言ってもこれから働こうとしている会社の方とも、初めから険悪な関係になりたくない、できれば角の立たないようなうまい方法はないかと思われるのも、無理からぬことでしょう。

ですから、例えば「家族とも相談して決めたいので、その資料として書面で労働条件の内容を提示してもらえませんか。」のように、家族をダシにしてそれを説得するための客観的なものとして、是非それをもらいたいというような問い合わせなら、角も立ちにくいかも知れませんね。

そしてもう一つ、角の立ちにくい有効な方法として、転職エージェントを利用する場合には、CA(キャリアアドバイザー)などから、エージェントの業務の一環として、リサーチしてもらうという方法です。

面接が複数回あって、面接官との面識ができて互いの信頼のようなものが感じられるようであれば、恐る恐るながら直接自身で尋ねてみるということもアリかと思います。でも、そういう状況ではないときには、上記のように、角の立ちにくい方法で労働条件の詳しい内容をゲットしてはいかがでしょうか。

また、関連記事として「労働条件通知書には何が書かれているのか?」もあります。お確かめください。

<サイト管理人の泪です>
とにかく、応募した会社の雇用条件など気にかかることがあれば、経由したハローワークなり転職サイト・エージェントのコンサルタントなりに相談してみることです。一人で思い悩んでみても事は進展しませんから。そのほうがきっといい結果が得られると思いますよ。

転職サイト情報・転職エージェント情報 

このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

関連記事:労働条件通知書には何が書かれているのか?


スポンサーリンク


関連記事

労働条件通知書には何が書かれているのか?

  労働基準法とパートタイム労働法 労働基準法第15条には、労働契約の締結に際して、労働条件の明

記事を読む

【就活】接客の多い職種では、尊敬語・謙譲語をマスターする

企業の受付は、ある意味その会社の顔でもある。だから受付での顧客対応はその会社の第一印象を大きく左

記事を読む

就活は3月がスタートではない。もっと早く動き出そう

  Yasuさん 20代前半男性 山梨 就活の軸を決めよう 一つ目は就活の軸を決めることです

記事を読む

内定後の「入社誓約書」という憂鬱!?

それはそれは大変だったあなたの就職活動。その結果、なんとか無事に内定にこぎつけることができたあな

記事を読む

ホントはこうだ!就活裏話のエトセトラ!学歴偏重はあるのか?

「就活のバカヤロー」という光文社新書を読んでみました。そこから得た情報を以下に紹介してみましょう

記事を読む

【就活】あなたの企業診断の視点は?

  あなたは、就活に際して企業の評価をどのような要素で考えますか? それは、そ

記事を読む

フリーターは人生の負け組か? 就職活動の支援はある!

あなたは、高校を卒業する段階でそれほど働くことに興味もなかったかもしれません。まだ遊

記事を読む

嘱託職員募集と採用(某S市の場合)

私の住むS市では、毎年1月号の市報記事で、嘱託職員の募集が行われています。市報は12月月末に

記事を読む

フリーターや民間から公務員へ転職するなら

フリーターや民間企業から公務員への転職は、どのくらい現実味のあることでしょうか? 少し調べて

記事を読む

就活と婚活の悩み、あなたにとってどちらが優先?

ある婚活学校では、男性にはこんな風に指導しているのだそうです。1.自己PR欄には自己PRを書いて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」              

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑