*

集団面接(グループ面接)とグループディスカッションは全く別物です

 

就活における面接にはいろいろなパターンがありますが、ここでは、集団面接(グループ面接)グループディスカッションは全くちがうものとして理解しておきましょう。

集団面接は、面接の初期段階で実施されることが多く、応募者が多い場合に一気に人数を減らすための手法として実施されることの多い手法のようです。ですから、そこで試されるのは社会人としての基礎的・常識的なコミュニケーションの能力です。

それに対して、グループディスカッションの場合は、提起されたテーマに関するディスカッションの場面を通してあなたがどういうスタンスを確立できたかとか、課題解決を目指す論議の中で、どのような発言を通してどんな貢献ができたのかが問われるものです。

集団面接

「コミュニケーション力」、そうはいっても、集団面接では一人に十分な時間が与えられるわけではないので、短く簡潔に求められることに応える能力が求められます。例えば5人で面接を受けるとすれば、面接官による1番目の質問も、2番目の質問も5人に対して、同じものが順繰りに向けられます。

時間を指定されない限りは、どの質問の場合も約1分程度でまとめて話す練習をしておきましょう。そこで想定されるよくある質問は、「自己紹介」、「学生時代に力を入れたこと」、「あなたの志望動機」、「自己PR」「就活の状況」などです。

第一印象を良くするために、「笑顔で」、「ハキハキとした良く通る声で」、「背中をピンと伸ばして」、「面接官の顔を見ながら」、「短く簡潔に話す」ことを練習しましょう。心掛けるだけでは足りません。実際に何回も練習して、修正を加えながらより良いものにしておきましょう。

実際場面では

自己紹介のときには、「〇〇大学、〇〇学部、〇〇学科、氏名(フルネーム)」の順で伝え省略形の名称などは使わないようにします。他の面接者の話には傾聴して、しっかりと聞くようにします。人の話を聞く姿勢も見られていると思った方がいいでしょう。

また、どうしても、他の面接者と自分を比べてしまい、「もっと〇〇なことを言わなくちゃ」と内心で焦ってしまうようなことも起こりがちです。ですから、そうならないためにも、練習段階で、十分に話す内容を練っておきましょう。

ただし、丸暗記したものを棒読みのように話すだけではいけません。言葉の抑揚やメリハリを付けて、時には身振り手振りも交えながら話すことも効果的です。時間が許すようであれば、ちょっとした経験などを混ぜて話すことができれば、より具体的な内容となり、面接官にあなたの人柄が伝わりやすいでしょう。そうやってあなたの顔と名前を憶えてもらえると好結果につながりやすいでしょうから。

大学の過ごし方がものを言う(何か、人に語れるものを作っておく)
「学生時代に力を入れたこと」「志望動機」「自己PR」は、一朝一夕に紙の上だけで出来上るものではありません。あなたの学生時代を目的意識をもって建設的に過ごす心がけから始まるものです。その努力の過程であなたが得たものが面接時にアピールできる材料となります。

特別で特異な体験がないといけないかと言えば決してそうではなく、日常の中であなたが目的意識やあなた独自の視点から関わろうとしたこと、あるいは興味を持って調べてみたことなども十分な題材となり得ると思います。

これらのことは、集団面接に限らず個人面接の場合でも、同じ準備と心構えが必要です。日頃からアンテナを高くして、いろんな情報に対するあなたの反応を敏感に研ぎ澄ますつもりで、社会現象を見まわしてみると違った世界が開けてくるものです。

するとちょっとしたきっかけでも、情報を受け流すだけでなく疑問や興味が湧いてきて、深く調べてみるなどのあなたのアクティブな行動へとつながってきます。そこから、あなたの語れるものがストックされていきます。
転職サイト情報・エージェント情報

グループディスカッション

この国では、小中高と模範解答のある教科書主体で暗記型の教育ばかりしているので、その結果として案外とコミュニケーション力に乏しい人材が多いのかも知れません。コミュニケートには、本来正解等あるはずもなく相手によって状況によって変幻自在に対応する能力こそ求められるものです。その基礎が備わっているかを面接官が観察するのがグループディスカッションです。

通常、会社の業務として、チームによりテーマを決めて話し合うような場面が多々あると言われます。その場合のあなたの力を見るために、このような場面設定が行われるのです。しかし、これは相手を言い負かそうとするディベートとは違うものです。

それだけこの複雑な社会状況では、人と人の関係も難しく他者との良好なコミュニケーションを可能にする能力は高く評価される時代なのです。現代人は自然環境に支えられて自然な生活しているわけではないので、精神も人それぞれに歪んでいることも多いようですから、なおさらのことです。

企業は商談の相手やクライアントとの人間関係の作り方の上手下手によって、利益の出方に大きな差が出ると考えています。ですから採用判定をする企業にとって、その将来的な利益拡張に向けて、あなたの高いコミュニケーション能力はどうしても欲しい人材像であると思うような状況を作り出せばいいわけです。

具体的には

ディスカッションの場において、あなたがどんな役回りを担うのか、それを明確にする必要があります。人の発言のいいところを引き出す。フォローする。話を新たな段階へと押し上げる。簡潔で要領よくまとめ的なことが出来る。司会の役割が出来る。提案やアイデアを出すことができる。etc.etc

そのようにチームとしての、まとまりのある論議ができるようなことに貢献できれば、あなたの評価は上がると期待されます。人の話を聞くだけで、論議に参加ができないという状況にはならないように気を付けます。それは最悪だと心得ましょう。そして、他者の意見の批判ばかりするのもNGです。

協調性や発言力、独自性や独創性、積極性やリーダー性などがそこではチェックされます。それを総合的につなぐものがコミュニケーション能力なのです。これらは、面接前だから一夜漬けですぐに身に就くというものではありません。

学生時代のいろんな場面をとらえて、日頃から心がけ磨きをかけておきましょう。

<サイト管理人の泪みつるです>
簡単なポイントをおさらいします。
集団面接は、背筋をピンと伸ばして笑顔で、ハキハキと、短く簡潔に話す。
質問にありがちな想定パターンを5つほど練習しておく。(1分式、3分式に分けて)
・グループディスカッションでは積極的に発言すること。プラス協調性も見られていると心得る。
・社会的な情報に対して敏感になり、自分自身の個人的な状況を重ね合わせた理解を深めて、いつでも取り出せるような準備をしておくこと。
他者との良好なコミュニケーションの構築はもっとも重要である。「聞く」「話す」の言葉のキャッチボールのバランスをよくすることを考える。
・他者に怯まないこと。

詳しい転職サイト情報・エージェント情報

関連記事:就活】集団面接での「グループワーク」対策
      フリーターから始める面接対策 5つのポイント

※「面接」に関するいろいろな記事がたくさんあります。サイト上部のメニューバーから「サイトマップ」をクリックして、カテゴリー「面接」までスクロールして、自分の読みたい記事タイトルを探してみてください。また、右のサイドバーから、カテゴリー「面接」を開くこともできます。

 

 

このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



スポンサーリンク

関連記事

【面接対策】転職時の鉄板事項とは?

あなたが、転職を目指して「面接」に挑むというときには、是非押さえておきたい鉄板質問事項に対する面接対

記事を読む

面接突破のポイントを速効まとめしましょう

内定はもらいましたか? 皆様の就活状況はいかがでしょうか? まだまだ内定が出ない状態のあ

記事を読む

市役所採用面接だからこそある特有質問

この写真は耐震補強の施されたある市役所の庁舎ですが、市役所は、住民と多くの場面で直接対面しての接

記事を読む

面接対策、効果的な模擬面接は

あがり症で面接がが苦手という人は多いかも知れません。ノックして面接官の待つ部屋に入ったときから、

記事を読む

面接時の自己PRを準備しよう

「企業がどんな人材を求めているか」については、あなたがターゲットとする企業やその業種

記事を読む

面接でよく出る質問例とその対策

面接では、様々な質問がやってきます。中には予想も想像もできない質問もあるかもしれません。今回は、

記事を読む

市役所採用試験、面接対策はなんてったって「志望動機」と「自己PR」

市役所や県庁の採用試験には、相当な面接対策が必要 地方公務員の試験(主に県庁や市役所採用試験)

記事を読む

【就活】フリーターから始める面接対策 5つのポイント

  フリーターであるあなたが、正社員を目指して就活を始めるということは、もちろんステップ

記事を読む

転職目指すなら、取りあえず最低限の面接マナーを早わかりで!

あなたがもし、1週間後に転職のための面接を受けることになったとします。もう、すでにファイナルカウ

記事を読む

【今どきの面接】プレゼン面接への準備をしよう

  プレゼンとは 大きな意味では、掲示物やフリップ、実物モデルなどを使いながら、何

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」              

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑